第24回関西MISt研究会



専用サイトはこちら


日本MISt学会 会員様 各位

平素より大変お世話になっております。淀川キリスト教病院 整形外科 笹岡隆一と申します。
このたび2019年10月26日(土)に第24回関西MISt研究会を開催させて頂くことになりましたので、研究会のご案内をさせて頂きます。


●日 程: 2019年10月26日(土)14:00
●会 場: 梅田スカイビル タワーウエスト36階
      〒531-6023 大阪府大阪市北区大淀中1-1 06-6440-3901
●特集テーマ:~徹底的にこだわる~骨粗鬆症性椎体骨折の治療戦略


増加の一途をたどる骨粗鬆症を伴う椎体骨折や大腿骨頚部骨折は、患者自身のQOLを損なうだけでなく、介護者の就労環境にも多大な影響を及ぼし、 その離職率も大きな社会問題となっております。 骨粗鬆症性椎体骨折は現在でも保存的治療が基本ではありますが、近年、改めて装具の選択に着目した多施設共同研究をはじめ、受傷時のMRI所見、 DISHの存在や後壁損傷の有無という視点からみた外科的治療介入時期、高度な後弯変形を残した陳旧例に対する矯正固定術の術式選択など、まだまだ議論の余地には事欠きません。 一方、骨粗鬆症に対する薬物療法は骨折連鎖を防止する上で重要な課題でもあります。近年各社よりビスフォスフォネート製剤をはじめデノスマブやPTH製剤、 SERMそして今春には抗スクレロスチン抗体が発売され、症例に応じて様々な薬剤が選択できるようになったことは我々にとって数少ない朗報でございます。 今回は、この難題に立ち向かうべく各々の分野で多くの経験を持つ先生方から講演を賜ったうえで、実際の症例についての術式選択や経過について積極的に議論を交わし、 今後の治療方針に役立てていただければと考えております。 特別講演は、大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学 講師 星野 雅俊 先生にご講演を頂く予定でございます。皆様方のご参加を心よりお待ちしています。


ハンズオン
今回も引き続き、若手Dr.向けに実践的ハンズオンを行います。ボーンモデル上ではありますが、脊柱変形に対する矯正、ナビゲーション及びナビゲーションドリルを用いたスクリュー挿入、 合併症に対するリカバリーテクニック等を経験豊富な先生にデモをしていただき、実際に行っていただきます(もちろんベテランDr.も大歓迎です)。 またNs向けWorkshopでは上記ボーンモデルに加え、豚の生体骨を使用した実習室を準備しています。 インプラント手技だけでなく軟部組織の展開や椎弓切除など脊椎手術の基本手技や筋膜や皮膚縫合の実践もできます(こちらもDr.大歓迎です)。 是非多くの若手Dr.や手術室Ns.のご参加、お待ちしております。


プログラム

14:10~15:20  一般演題(公募予定)

15:20~15:30  休憩

15:30~17:00   シンポジウム 『~徹底的にこだわる~骨粗鬆症性椎体骨折の治療戦略』
1. 『体幹ギプス固定による十分な保存的治療(仮)』
杉田 誠 先生 (六地蔵総合病院 整形外科)
2. 『骨粗鬆症性椎体骨折におけるBKP -早期適応と新たなセメントテクニックについて-』
中川 幸洋 先生 川上 守 先生 寺口 真年 先生 籠谷 良平 先生 米良 好正 先生 (和歌山県立医科大学附属病院紀北分院 脊椎ケアセンター)
3. 『骨粗鬆症性椎体骨折に対するX-Coreを用いた椎体再建(仮)』
藤尾 圭司 先生 (関西電力病院 整形外科)
4. 『演題名未定』
松村 昭 先生 (大阪市立総合医療センター 整形外科)

17:00~17:20 症例検討・総合討論 『~徹底的にこだわる~骨粗鬆症性椎体骨折の治療戦略』  

17:20~17:30  休憩

17:30~18:30 特別講演 
『骨粗鬆症性椎体骨折治療の最近の話題 -大市大の取り組みも含めて-』
演者  星野 雅俊 先生 (大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学 講師)

18:30 閉会の辞 

19:00~ 情報交換会 

第2会場
16:30~17:20 <Dr. WORKSHOP~実践的ハンズオン~ボーンモデルを用いた実技Dr.コース>

17:30~18:30 <Ns. WORKSHOP ボーンモデル・豚生体骨を用いた実技Nsコース>
成田 渉 先生(亀岡市立病院 整形外科・脊椎センター)


第24回関西MISt研究会
当番世話人 笹岡隆一
(淀川キリスト教病院 整形外科)