中部MIST研究会 会則

第1条 名称
 本会は中部MISt(minimally invasive spine stabilization)研究会と称する。

第2条 目的
 中部MISt研究会は会員の最小侵襲脊椎安定術における手術手技の向上と新たな手術法の開発をはかり、医学の発展への寄与、地域社会に貢献することを目的とする。併せて各病院、医院間と研究機関との情報交換を行い、脊椎小侵襲固定・制動術の領域の診断、治療における連携の円滑をはかり、広く情報を収集し会員の知識を高めるものとする。

第3条 活動
 中部MISt研究会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
 1)症例検討やグループミーティングを随時開催する。
 2)学術集会を年2-3回程度実施する。
 3)MISt手技向上のセミナーを開催する(コメディカルを含む)。

第4条 会員
 中部MISt研究会の会員は次の通りとする。
 日本MISt学会の会員とする
 中部MISt研究会の目的のために賛同した最小侵襲脊椎安定術の診断および治療、臨床研究に関心を持つ医師および医療スタッフとする。

第5条 会費
 中部MISt研究会は学術集会毎に、参加者より2,000円(医師)、1,000円(医療スタッフ)を徴収するものとする。

第6条 役員および運営
 本研究会は会の運営を円滑に行うために以下の役員をおく。
 1)代表幹事   1名
 2)幹事     若干名
 3)庶務・会計  1名
 4)監査     1名

2 本会に幹事会をおく。
 1) 幹事会はすべての幹事をもって構成する。
 2) 代表幹事は幹事会を招集し、会の事業運営について審議する。
 3) 幹事会を連続で4回欠席した幹事は、幹事の資格を喪失する。
 4) 幹事に定年は定めない。
 5) 幹事を辞退する際は、新幹事を推薦できる

第7条 会計
 1)中部MISt研究会の経費は会費および寄付金をもってこれにあてる。
 2)幹事のうち1名を会計責任者とする。
 3)本研究会の会計年度は4月1日より翌年3月31日までとする。

 第8条 附則
 中部MISt研究会の事務局をはちや整形外科内におく。
 本会則については平成26年4月1日より改訂施行する。

細則
 2014.4.26幹事会にて一部改定
 2015.9.12幹事会にて一部改定
 2017.3.26幹事会にて一部改定

役員名簿 幹事(五十音順)

代表中野正人高岡市民病院 整形外科
副代表宮本敬岐阜市民病院 整形外科・脊椎センター
顧問佐藤公治名古屋第二赤十字病院 整形外科
監事金村徳相江南厚生病院 整形外科・脊椎脊髄センター
幹事明田浩司三重大学医学部 整形外科
稲田充名古屋市立西部医療センター 脊椎センター・整形外科
上田康博福井県立病院 整形外科
鵜飼淳一名古屋第二赤十字病院 整形外科
大塚聖視豊川市民病院 整形外科
近藤章三重北医療センターいなべ総合病院 整形外科
近藤哲士村瀬病院 整形外科
近藤祐一はちや整形外科病院
笹川武史富山県立中央病院 整形外科
佐々木寛二聖隷浜松病院 せぼねセンター
澤田利匡高岡整志会病院 整形外科
下川哲哉大垣徳洲会病院 整形外科・脊椎センター
関庄二富山大学医学部 整形外科
高津哲郎岐阜県立多治見病院 整形外科
高橋敏行藤枝平成記念病院 脳神経外科
竹内幹伸腰・首・頭の中京スパインクリニック
中嶋秀明福井大学医学部 整形外科・地域高度医療推進講座
中島宏彰名古屋大学 整形外科学
西村由介名古屋大学 脳神経外科
原政人愛知医科大学 脳神経外科 特任教授
平澤敦彦愛知医科大学 整形外科
伏見一成岐阜県総合医療センター 整形外科・脊椎脊髄外科センター
水谷潤東京女子医科大学八千代医療センター 整形外科
水野勝則福井総合病院 整形外科
大和雄浜松医科大学 整形外科
吉岡克人金沢医療センター 整形外科
吉田剛浜松医科大学 整形外科