第26回関西MISt研究会

日本MIST学会 会員の先生方 各位

 平素よりお世話になり、ありがとうございます。第26回関西MISt研究会の当番 幹事を務めさせていただきます、神戸大学大学院整形外科の由留部 崇(ゆるべ たかし)と申します。 この度、日本MIST学会の会員の先生方に研究会のご案内をさせていただきたく存じております。


●日 程: 2022年9月17日(土) 13:00–19:00
●会 場: 梅田スカイビル(https://www.skybldg.co.jp/
〒531-6039 大阪府大阪市北区大淀中1-1-88
●テーマ:MIStでコロナに打ち勝つ!

 コロナ禍で本研究会も度重なる延期を余儀なくされ、十分な議論ができないままに時間が過ぎてしまいました。 ですがその間にも各施設では低侵襲脊椎手術(minimally invasive spine stabilization:MISt)の研鑽を積み、 知識と経験を深められていることと思います。そのためシンポジウム①「達人に学ぶMISt」では、 第一線で活躍されている先生方にこれまで培ってきたMISt技術を惜しみなく披露していただきます。 久しぶりのオンサイトの研究会でMIStを始めたばかりの若手の先生方の参加も多く、 質疑応答の時間を長く確保してありますので、ぜひ積極的に学んでいただきたく思います。
 過去には治療に難渋していた脊椎転移に対してもMIStの普及により外科的介入が可能となり、 放射線照射や化学療法、がんリハビリテーションを組み合わせた集学的治療を行うことで患者さんの社会復帰や生活の質の向上に寄与できるようになってきています。 全身状態の悪い患者さんにとってMIStでなければ対応困難な症例も多く、シンポジウム②「脊椎転移へのMISt」で各施設の最近の工夫をご紹介いただきます。
 また、安全に高精度のMIStを行うためには単に手技の向上だけでなく術前評価・準備と術後のケアが重要であり、骨粗鬆症の治療自体が一つのMIStでもあります。 手術は得意だが骨粗鬆症治療は苦手な脊椎外科医も多く、特別講演(共催セミナー)①では単にエビデンスの提供にとどまらない、 実臨床の経験を交えた骨粗鬆症のセッションを企画したいと考えております。
 MIStの習得には脊椎疾患の理解や手術自体へ精通が必要不可欠です。特別講演(共催セミナー)②では卓越した技術と理論、 信念をお持ちの先生をお招きし、ご講演いただく予定としております。どちらの特別講演も早速、明日からの診療に役立つ内容であると思われ、私自身も拝聴を大変楽しみにしております。
 加えてワークショップではコメディカルの方が生体ブタを用いて実際の脊椎手術の基本手技や縫合練習を経験していただくセミナー、 また、若手の先生方がモデルボーンを用いてextreme lateral interbody fusion(XLIF)を中心としたMIStの基本手技を学ぶことができるセミナーを企画しております。
 MIStの啓蒙と普及のため、医師・コメディカル・企業など多職種の方々に参加していただけるような魅力ある企画を立案し、 新型コロナ感染症に打ち勝って関西MISt研究会の新たな船出を宣言する、にぎやかな会にしたいと考えております。実りある研究会になりますよう、 皆様のご指導ご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。



プログラム

【第1会場】
13:00–13:10 開催挨拶
当番幹事 神戸大学 由留部 崇 先生
13:10–14:30 シンポジウム① 達人に学ぶMISt
座長
和歌山医科大学紀北分院 中川 幸洋 先生
香芝旭ヶ丘病院 松森 裕昭 先生
演者
1.MISt long fusion(遠位端スクリュー固定手技)
丸太町病院 原田 智久 先生
2.MISt long fusion(近位端PJK予防策)
関西医科大学 石原 昌幸 先生
3.側臥位手術(適応・利点・欠点)
亀岡市立病院 成田 渉 先生
4.BKP対VBS(成績・使い分け)
和歌山医科大学紀北分院 延與 良夫 先生
14:30–14:50 休憩 (14:40–14:50 商品説明)
14:50–16:10 シンポジウム② 脊椎転移へのMISt
座長
大阪市立大学 鈴木 亨暢  先生
神戸大学 角谷 賢一朗 先生
演者
1.概論:脊椎転移の治療方針
神戸大学 角谷 賢一朗 先生
2.神戸大学の最近の取り組み(IMRT・皮切)
神戸大学 武岡 由樹 先生
3.府中病院の最近の取り組み(血液がん)
府中病院 笹岡 隆一 先生
4.近畿大学奈良病院の最近の取り組み(BKP)
近畿大学奈良病院 戸川 大輔 先生
5.関西医科大学の最近の取り組み(キャンサーボード)
関西医科大学 朴 正旭 先生
16:10–16:30 休憩 (16:20–16:30 商品説明)
16:30–17:10 特別講演(共催セミナー)①
共催
旭化成ファーマ株式会社
座長
神戸大学 由留部 崇 先生
演者
神戸大学 西本 華子 先生
「脊椎手術周術期の骨粗鬆症治療(仮題)」
17:10–18:10 特別講演(共催セミナー)②
共催
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
デピューシンセス事業本部スパインビジネスユニット
座長
神戸医療センター 鈴木 哲平 先生
神戸大学 由留部 崇 先生
演者
済生会横浜市東部病院 福田 健太郎 先生
「高齢者脊椎手術のコツと注意点(仮題)」
18:10–18:20 閉会挨拶
次当番幹事 日野記念病院 石部 達也 先生
【第2会場】
14:50–16:10 看護師向けハンズオンセミナー
共催
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
デピューシンセス事業本部スパインビジネスユニット
講師
神戸大学 張 鍾穎 先生
「脊椎に触って手術してみよう!
(生体ブタを用いた手術手技・縫合練習)」
14:50–16:10 若手医師向けハンズオンセミナー
共催
ニューベイシブジャパン株式会社
講師
はりま姫路総合医療センター 平田 裕亮 先生
「XLIFに挑戦してみよう!
(モデルボーンを用いたXLIF手術手技練習)」
第26回関西MISt研究会
当番世話人 由留部 崇
(神戸大学大学院整形外科)