最小侵襲脊椎治療(MIST)学会
(旧称:日本MISt研究会)
会 則

第一条  名称
本会は最小侵襲脊椎治療(MIST)学会と称する。
英語表記はSociety for Minimally Invasive Spinal Treatment
第二条  目的
最小侵襲脊椎治療(MIST)学会は会員の低侵襲脊椎安定化術領域の診断と治療の向上をはかり、医学の発展への寄与、地域社会に貢献することを目的とする。
併せて各病院、医院間と研究機関との情報交換を行い、MIST領域の診断、治療における連携の円滑化をはかり、広く情報を収集し会員の知識を高めるものとする。
MISTの安全な普及に寄与する。
第三条  活動
MIST学会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1)各地域7つのMISt支部と国際支部を置く。独自性を尊重する。
(ア)関西MISt、中四国MISt、関東MISt、九州MISt、
東北MISt、中部MISt、北海道MISt、International MISt
(イ)各地域MIStは、毎年年度末に最小侵襲脊椎治療(MIST)学会事務局へ活動報告と年次会計と来年度予定を報告する。
2)全体学術集会を年 1回実施する。地域MISt研究会の拡大開催を兼ねることもある。
(ア)各種アワードを発行する
① Best Encourage Award
② Best Presentation Award
③ Best Discussion Award
3)メーリングリストで情報共有をする。
4)各委員会を置く。
あり方委員会、財務委員会、教育・研修委員会、広報委員会、メンバーシップ委員会、多施設研究委員会、
論文・学術Award委員会、社会保険委員会、CAOS委員会、脊椎抗加齢委員会など
学術集会委員会:委員長 次期会長、委員 前々回、前回、次回、次々回会長
MIST10周年記念誌:委員長 富田卓、委員 荒瀧慎也、伊藤康夫、佐藤公治、篠原光、谷口愼一郎、
千葉克司、中野正人、中西一夫、森本忠嗣
5)メーカー主催や共催のセミナーを支援する。
6)雑誌編集、論文投稿、ビデオ投稿の支援を行う。
7)関連学会と円滑な関係を保つ。
8)年度で論文Awardを発行する。
第四条  会員
MIST学会の会員は次の通りとする。
MIST学会の目的のために賛同したMIST領域の診断および臨床研究に関心を持つ医師とする。
メーリングリストに参加する。
第五条  会費
MIST学会は学術集会毎に10,000円を参加者から徴収するものとする。
年会費として10,000円徴収する。
第六条  役員および運営
本医会は会の運営を円滑に行うために以下の役員をおく。
1)理事長 1名
2)理事 若干名
3)評議員 会員数の10-20%程度
4)庶務・会計 1名
5)監査 1名
以下、議決権は無い役員
6)顧問 若干名
但し、各地域MIST役員の定年制は地域の会則に準じる。
2019年4月に理事と理事長は評議員の中から選出される。それまでの評議員代表は石井賢とする。
第七条   会計
1)MIST学会の経費は会費および寄付金をもってこれにあてる。
2)世話人のうち1名を会計責任者とする。
3)顧問税理士を置く。
4)本医会の会計年度は 1月 1日より翌年12月31日までとする。
第八条   付則
MIST学会の事務局をドゥ・コンベンション内に置く。
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-23-5F
TEL. 03-5289-7717 | FAX. 03-5289-8117
担当:倉内大輔
副事務局を国際医療福祉大学整形外科内に置く。
〒108-8329 東京都港区三田1-4-3
TEL. 03-3451-8121 | FAX. 03-3454-0067

本会則については平成29年3月18日より改訂施行する。
平成25年1月1日一部変更。
平成27年4月18日一部を変更。
平成31年3月18日改訂